2010.08.16

多施設研究

●神奈川PTCA研究会

KPCR1-Study:
過去のステント治療成績における多施設共同研究
KPCR2-Study:
real worldでのステント治療成績(初期成績、再狭窄率、TLR )を客観的かつ迅速に評価する。およびそれに関する因子を前向きに明らかにする
KPCR3-Study:
血管内超音波診断装置(IVUS)活用による、ステント内再狭窄に対する治療指針の多施設共同研究
KPCR4-Study:
DES治療成績多施設共同研究
KPCR5-Study:
スタチンの脂質低下作用がもたらす脆弱プラークの進展抑制効果−IVUS(Virtual Histology TMによる解析)を用いた検討−

Extended TRUTH study(Extended KPCR 5):
TRUTH Study登録症例のうち、ベースライン時とフォローアップ時にVH-IVUSによる解析可能な冠動脈プラークの性状を測定し得た患者を対象に、ピタバスタチンまたはプラバスタチンによる長期脂質低下療法におけるプラークの性状の変化を検討する。

●神奈川PTA研究会

KPTA1-Study:
下肢閉塞性動脈疾患に対するステント治療の現状を多施設にて検討